この方法で和解が成立しないような場合は利息

特定調停というのも任意による整理と同じようにそれぞれお金の貸し手への借金の支払いを続けることを前置きとした債務の整理の手だてのことです。

分かりやすく説明すると裁判所が間に入る負債の整理ということができます。

特定調停による方法も任意整理による手続きと似ていますが破産申告と違って一部のお金だけを整理していくことになりますので、保証人がいる借金以外だけで手続きしたい場合や自動車ローンを除いて手続きしていく際等も適用することも可能ですし築き上げてきた財産を放棄することは求められませんので、株式や戸建て住宅などの資産を所有していて手放してしまいたくない場合においても選択肢になる債務整理の方法です。

ただし、手順を踏んでから返済する額と実際としての所得額を検討して、適度に完済が見通せるようならこの特定調停による処理を進めることは可能ですが破産と異なり返済義務がなくなってしまうわけではありませんので、お金の額がかなりある状況では実際問題としてこの方法での手続きを踏むのは難しいと判断することになるでしょう。

いっぽう、この手順は国の機関が中に入るため弁護士などのプロに関わってもらわなくてもリスクが増える心配はないという点や費用を削減できるという利点がありますがお金の貸し手からのわずらわしい取り立てに対し自ら回答しなくてはいけない点に加え裁判所に幾度も出頭する必要があるなどの覚えておきたい点もあります。

任意整理による処理と比べると、この方法で和解が成立しないような場合は利息を全部付けた計画で支払っていかなければならない点や結果的には貸方に返済する金額が任意整理による手続きに対して増える場合が多いというデメリットもあります。