交渉は本人同士だけでなく保険の担当

交通事故は、自分自身だけの自損事故と別の人が関わった車での事故が存在します。仕事 辞めたい アフィリエイト

あなただけの事故の場面では、事故の対応が済めば完了しますが他人が関与した車の事故はそれぞれにどのようなミスが存在するのかを確認して、この状況によって愛車の修理費や和解金の額などが決定されるので自動車の保険会社の担当の人を交えての調整が欠かせません。

大多数の車での事故で、それぞれにちょっとは損失がある状態が多く一方だけの責任であるという場合はほとんどないようです。

当然の事ですが信号無視や一旦停止無視のような違反があって起こった事故なら多大な間違いになりますが、被害を受けた人にも不注意があると指摘されます。

車の事故の状況ではどの運転手の間違いが原因で起こったかという決着が物凄く大切になってくるので、その判断を数値で伝えるのが『過失割合』なのです。

例えば、先ほど記述した信号を無視してしまったり一時停止で止まらなかった場合ならば、法律であれば事故を起こした人に全ての落ち度があるように考えますが、その場面で事故の原因になった自動車が前から来ていて正面を見て確認できる場面では被害者でも注意不足があるとして10%ぐらいのミスがあると言われる場合もあります。

よってこの場合は事故を起こした方が9割自分1割の割合と決められ数字が大きな方にミスが問われるのです。

また事故の過失割合は過去の車の事故の判例をものさしとして結論付けられる時が大いにあり、日弁連の交通事故相談センターから公表されている基準となる表などが元として利用されます。

この過失の数値が大きいほど間違い、要するに賠償すべき金額も大きくなるので、交渉は本人同士だけでなく保険の担当に参加してもらってちゃんと相談する事が大事です。